病院のご案内

看護部

看護部長挨拶

ベリタス(ラテン語で愛・真実・真心等の意 味)病 院は兵庫県川西郊外にあり、国指定史跡清和源氏発祥の地 多田神社の近くにある地域密着型の急性期病院です。
平成12年にセコム医療システム株式会社と業務提携を行い、電子カルテオーダーリングシステムの導入DPC対象病院と様々な改革に取り組んできました。看護部は7:1の看護師を配置し、看護必要度に応じた看護体制を取っております。
患者様・御家族様を中心に、患者様の立場に立った寄り添える看護を目指しチーム医療の一員として、看護師の専門性を高め、エビデンスに基づいた臨床看護師の育成に力を注いでおります。

                                     認定看護管理者 看護部長(理事)  蔵本里美


看護部の理念


真心をこめて信頼される看護を提供します。

 

看護部 の基本方針


1.  他部門と協働し安心・信頼される看護を提供します。


 

2.  安全を最優先した医療環境を提供します。




3.  患者の立場に立ちその人の人権を尊重します。




4.  自己研鑽に励み看護レベルの向上に努めます。

   

 

2020年度 看護部の目標


(Service)

1.  接遇教育を充実させ看護師としての品格ある対応の向上を目指す。
   「アウトカム」:投書用紙による感謝件数(前年度対比3割増)、
         苦情件数(昨年度対比3割減)、
         接遇研修開催
          (マインド向上研修、ロールプレイング等)

(Treatment)

2.  5S活動を推進し、安全の向上を目指す。
  「アウトカム」:各部署の取り組み成果、継続

3.  抑制2018年継続
   抑制を極力少なくする為に病院全体での取り組みを強化する。
                                    (2018年度〜2020年度の3年間)
 「アウトカム」:

             2018年度〜2020年度:プロジェクトの発足・
                              システム化・抑制マニュアルの見直し
     2020年度:抑制患者数・抑制数・抑制による有害事例

4.  倫理の感性を高め、臨床・管理の場面で実践し評価できる。
  「アウトカム」:
             臨床倫理カンファレンス件数、倫理の交流会の開催、
     カンファレンス時ジレンマの言語化

(Acute)


5.  他部門の絡んだインシデント対策の強化(外来)

 ・インシデントレベル2で他部門共通のカンファレンスを年2回

                                                                           (全員参加型)

 ・他部門共有インシデント検討会を自部署で100%開催

 ・昨年度行ったインシデント対策 再発生率0%


(Relation)

6.  院外での看護研究および実践活動報告の発表を3題以上

(Team)

 7.  術前カンファレンスの参画 (OP室)
  「アウトカム」:
                         術前カンファレンスの統一化 (4月〜9月)

                            重症加算3以上のカンファレンスの参加を8割以上

                                                                         (10月〜3月)

(★)

  8.  看護方式の評価・見直し (2020年〜2021年)

  9.  看護診断の評価・見直し (2020年〜2021年)

10. マネージメントラダー表の見直し・作成 (2020年〜2021年)