病院のご案内

臨床工学科

臨床工学科の特色と理念

 

〜地域No.1医療をめざして〜

 現代の先進医療は高度医療機器で成り立っており、医療現場では機器の専門家が必要不可欠となってきました。その中で、私たち臨床工学技士は医学と工学を繋ぐ担い手として誕生し、多様化している医療業務でのチーム医療の一員として安全な医療環境を確保し質の高い医療技術を提供しています。

 当院でも医療法の改正に伴い、高度医療機器の専門知識と管理体制が要求されるようになり、「病院全体の安全な医療環境」と「高い専門技術によるチーム医療」を目指し、誇りをもって業務を行っています。

臨床工学科 科長  峯垣裕文

 

臨床工学科業務

 

 主に生命維持管理装置の操作および保守管理を業務とし、循環器部門・血液浄化部門・医療機器管理部門を24時間当直体制で対応しています。また、各部門で看護師向けの勉強会を定期的に行い、安全で高レベルな医療技術の修得を目指しています。

 

 

循環器部門

 

心臓カテーテル業務

 心臓カテーテル室では、生体情報計測、血管内超音波装置およびOFDIの操作・解析、緊急時の心肺補助装置(IABP・PCPS)の操作、清潔野での医師の補助、各種デバイス(catheter・stentなど)管理、患者情報管理などを行い、医師をサポートし、チーム医療の一翼を担っています。

         

       

 

不整脈関連業務

 心臓電気生理学検査およびカテーテルアブレーション治療時に使用する刺激装置や焼灼装置、解析・診断装置の操作、心臓ペースメーカ植え込み術の補助、心臓ペースメーカ外来のフォローアップ業務および管理を行い、専門性の高い治療や診断をサポートしています。

 
 
 
 

 

 
 
 
                                 

 
 
病棟業務・ER業務

 病棟・ERでは、人工呼吸器の管理、NPPV機器の管理、急性心筋梗塞後の患者情報モニタ管理、持続的血液濾過透析装置の操作・管理などを行い、医師・看護師をサポートしています。

 

血液浄化部門

 

透析業務・血液浄化業務

 透析業務では、透析装置の操作・保守管理を行い、治療のサポートをしています。また、血液浄化業務では、エンドトキシン吸着療法などの急性血液浄化、各種アフェレシス治療(活性炭吸着療法、β2ミクログロブリン吸着療法、LDL吸着療法、各免疫吸着療法、ビリルビン吸着療法、LCAP療法、単純血漿交換療法、二重濾過血漿交換療法)にも対応しています。

☆平成23年より人工透析装置を常設し、慢性維持透析患者の受け入れが可能となりました(入院時の透析のみ対応)

 

医療機器管理部門

 

手術室業務

 大量出血が予想される手術で使用する自己血回収装置の操作を行い、手術室スタッフのサポートをしています。また、麻酔器など手術室の医療機器の定期点検を行っています。

 

医療機器管理業務

 平成19年4月の医療法改正で、医療機器管理が重要視されてきました。当院でも医療機器中央管理ソフトを活用し、医療機器の中央管理を徹底しています。また、安全な医療の提供のため、人工呼吸器や、麻酔器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、患者ベッドサイドモニタ、除細動器、AED、持続吸引装置などの定期点検、日常点検を行っています。

                              

 

その他

 

院内教育・院外医療講演

 

 新入職スタッフに対しての、医療機器の取り扱い研修や、各部署・病棟スタッフに対しての、血液浄化・呼吸器・心電図・ペースメーカ等の専門的な学術勉強会を定期的に行い、チーム医療のレベルアップを目指しています。
 また、院外でも地域医療連携室を通じて医療講演を行い、地域の人々との交流を深め、皆様の医療に対する関心を深める一助になればと活動しています。


 


過去の院外活動


スタッフ紹介

 

国家資格   

臨床工学技士     常勤  5名

                                                               非常勤  1名

    

学会認定           

呼吸療法認定士            3名

透析技術認定士           2名

CVIT ITE (心血管インターベンション技師)   3名 

ICLSインストラクター   1名