病院のご案内

平成27年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 314 145 96 207 244 242 534 967 951 323
当院では近隣の診療所や施設と連携をとり積極的に患者を受け入れております。中でも70歳台以上の年齢の割合が56%を占めており、産婦人科、小児科がある関係で10歳台までの年齢の割合が11.4%占めております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)-手術なし-処置2:なし 168 15.7 14.34461 9.5% 76.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 86 25.8 21.68773 26.7% 84.2
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症-手術なし 84 17.8 12.59831 9.5% 84.6
肺炎を主病とする高齢者の患者様最も多く、次いで尿路感染症の患者様が多くを占めています。又、消化器内科医が充足しており大腸ポリープ等の患者様を多く対応しております。

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし 178 4.5 4.86584 0.0% 71.6
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 99 3.4 3.21806 0.0% 73.4
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 40 3.4 3.06875 0.0% 71.9
カテーテルを用いた手術を行う冠動脈疾患の患者が多く、年間301症例あります。その他心不全に対する治療や慢性動脈閉塞症の治療など幅広く循環器疾患に対応しております。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 78 3.3 5.49900 0.0% 4.7
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)-処置2:なし 66 4.9 5.71860 0.0% 3.0
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 27 4.4 6.30653 0.0% 5.2
ウイルス性腸炎、呼吸器系の疾患を多く対応しております。又、産婦人科と協同し、新生児の対応も迅速に行っております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 7.6 6.95510 0.0% 61.2
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし 16 13.6 17.40552 0.0% 72.1
060150xx03xx0x 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-副病:なし 16 5.6 5.55815 0.0% 42.6
腹腔鏡を使用した胆石の患者が多く、その他消化器癌の手術も行っております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 158 30.1 28.69544 46.2% 83.2
160760xx97xx0x 前腕の骨折-手術あり-副病:なし 77 5.5 5.69920 0.0% 53.2
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼-手術あり-副病:なし 61 4.7 4.37214 1.6% 41.8
高齢者の大腿骨骨折の患者様を最も多く対応しております。次いで上肢の骨折の症例数が多くなっています。急性期治療後は、積極的に専門性の高い回復期リハビリテーション病院等へ紹介させていただいております。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 78 18.4 18.08115 25.6% 73.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 42 12.0 10.02291 7.1% 79.7
010070xx99001x 脳血管障害-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:あり 18 27.1 16.99431 72.2% 85.0
脳梗塞の患者様が最も多く、次いで外傷による慢性硬膜下血腫の患者様を多く対応しております。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常-子宮破裂手術等 49 8.2 9.63198 0.0% 33.4
120140xxxxxxxx 流産 34 1.0 2.33967 0.0% 33.8
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍-腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 25 7.8 6.33862 0.0% 42.2
帝王切開、流産の患者様を多く対応しております。分娩数はこの表には出ていませんが、年間500件を超えておりその影響で帝王切開や流産という分娩に関する症例が多くなっております。又、腹腔鏡の専門医による腹腔鏡下の手術を多く行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準 (※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 2 4 2 25 5 1 7
大腸癌 8 15 8 4 5 8 2 7
乳癌 3 8 - - - 1 1 7
肺癌 - - - 1 5 - 1 7
肝癌 - - - - 1 - 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
内視鏡センターが充実しており、胃癌・大腸癌の早期発見に努めております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 8.1 52.4
重症度 1 62 15.9 82.7
重症度 2 33 18.8 84.4
重症度 3 7 19.9 88.3
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
重症度が中等症の1・2の患者が多く、全体の73%を占めており逆に重症度の高い4・5の患者様はいらっしゃいませんでした。
※市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(空気がたまるところ)の急性炎症の事

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 25 7.6 77.4 4.0%
その他 1 3.0 80.0 0.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 97 24.1 75.5 34.0%
その他 15 22.3 75.3 40.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 3 12.7 76.7 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 19 29.3 86.5 68.4%
その他 4 14.5 78.3 25.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳卒中発症後3日以内の患者様が全体の86%を占めており、急性期の治療後は脳卒中連携パスを使用して回復に向けて継続治療を行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 41 2.0 4.6 0.0% 70.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 1.6 16.4 14.3% 76.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 27 4.1 17.1 14.8% 70.1
内視鏡を用いた消化器の手術を多く対応しております。大腸のポリープを切除する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く次いで胆石に対する内視鏡的胆道ステント留置術の手術が多くなっております。その他早期の胃癌に対して内視鏡を使って行うESDと呼ばれる手術なども年間10症例以上行っております。
※ESDとは胃カメラや大腸カメラで消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する治療法です。

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 177 2.0 2.6 0.6% 72.2
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 25 0.4 13.2 8.0% 67.4
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 1.5 3.8 0.0% 78.6
経皮的冠動脈ステント留置術を主軸にカテーテル手術を行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 42 1.2 3.8 0.0% 66.9
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 2.2 6.6 0.0% 64.5
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 2.0 10.3 0.0% 71.6
鼠径ヘルニア、腹腔鏡下胆嚢摘出手術を中心に実施しております。又、消化器の疾患に対しては内科と連携して外科的手術を行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 129 1.8 23.3 37.2% 78.5
K0732 関節内骨折観血的手術(手) etc. 69 1.7 12.1 2.9% 63.0
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) etc. 66 1.5 9.9 1.5% 49.0
高齢者の大腿骨骨折の患者様を最も多く対応しております。その他手や肘の骨折に対して観血手術を行っております。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.2 13.1 10.8% 78.5
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 3 0.0 47.3 100.0% 66.3
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 2 0.5 43.0 100.0% 91.0
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の患者を最も多く対応しております。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 47 0.0 7.0 0.0% 33.9
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 31 0.0 0.0 0.0% 33.1
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 24 1.0 7.0 0.0% 32.5
>帝王切開、流産の患者が中心です。分娩数はこの表には出ていませんが、500件を超えておりその影響で帝王切開や流産という分娩に関する症例が多くなっております。又、腹腔鏡の専門医による腹腔鏡下の手術を多く行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 4 0.1%
180010 敗血症 同一 1 0.0%
異なる 9 0.2%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 2 0.1%
180040 手術・処置等の合併症 同一 50 1.2%
異なる 8 0.2%
[入院契機と同一]とは、入院前より上記の感染症や術後合併症に罹患されており、その治療目的で入院された患者です。[入院契機と異なる]とは、他の疾患で入院中に、上記の感染症や術後合併症を発症された患者です。

更新履歴