診察ご案内

神経・発達専門外来(小児科)

 ベリタス病院では、2009年8月より、神経・発達外来を開設しております。

神経・発達外来とは?

 神経・発達外来は、主に神経発達症を持っている方のための外来です。
※てんかん等その他の神経疾患については午前の一般外来で診療させていただいております。

外来案内

診療時間

毎週 水曜日
    【午後】 13:30〜16:10

 < 1回20分程度・完全予約制 >

※初回のみ問診30分、診療60分程度かかります

予約方法

当院1F 予約センターにお申込みください。
( 受付時間 : 平日 9:00〜17:00 )

受診方法

事前予約の上、当日は再来機に診察券を通し、小児科を選択してください。

担当医表

神経・発達外来
午後
(予約制)
井上
(第1週)
井上

診察内容

神経発達症

 神経発達症(発達障害)とは、ことばや精神の発達、運動の発達、情緒・行動面の発達、対人関係・コミュニケーションの発達などに、遅れや困難を認める疾患です。

◆神経発達症は少なくない疾患です

 精神発達がゆっくりで生活で困難を抱えておられるお子さんは約1〜2%、不注意、多動性や衝動性のあるお子さんは約3〜7%いると考えられています。こだわりや感覚の過敏性、対人関係やコミュニケーションに困難をもつお子さんは、以前の報告では1%未満でしたが、近年では1%を越える報告がされてきています。

◆神経発達症は早期からの支援が大事です

 神経発達症のあるお子さんと、その保護者や保育者・先生は、それぞれ日常生活に問題や困り感を抱えておられます。
 特性を知った上で、お子さんの気持ちを考えながら、早期から適切な対応をとることにより、お子さんと保護者・保育者・先生の双方にとって日常生活がより楽しいものになり、お子さんの興味や発達が促されていくと考えています。
 なお、ご家族の中での協力や、保育園・幼稚園・学校との協力が大事であることはいうまでもありません。

てんかん

 てんかんは、けいれんや欠神(意識がなくなる)、ミオクロニー(一瞬の筋肉の収縮)などの発作症状をきたす疾患です。診断には脳波検査や頭部の画像検査などを行います。
 治療には、主に抗てんかん薬の内服を行います。分類に基づき、有効性と副作用を考慮しながら治療を行っていきます。


スタッフ

井上岳彦   
小児科主任部長
日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医